イギリス公立カレッジ連盟
イギリス留学・英国留学のお問い合わせはこちら
イギリスについて
イギリス留学の魅力
イギリス公立カレッジ連盟について
会社概要

イギリス留学中大樹さんのブログ

イギリス留学中のYukaさんのブログ

国データ
私たちは、イギリスの公立カレッジの業務提携先を募集中です。(各県1社限定)

日本の中学・高校の受験勉強主体の英語学習は、海外で使えない英語コミュニケー
ション不足&社会ですぐに役立たない専門スキルの二大欠点を生み出しています。
イギリスは国の活力アップで、現在15年も好景気が続いています。
昔は斜陽国家イギリスといわれたのが、現在では、日本が斜陽国家のようです。
一つの原動力として『イギリスの公立カレッジ』の成り立ちが市民の学習意欲 を高
めてきたことが挙げられます。 
イギリスの公立高校に、ボーディングスクールの1/3〜1/2の費用で入れます。
イギリスは、過去の不安定な雇用状況に対応し、特に力を入れているのが成人学習です。(十歳代から五十歳代まで)
希望する職業を手にするために、また転職の為のスキルアップのため仕事後に、或いは仕事を辞めて学校に行くというのは珍しい事ではありません。
英国政府の教育制度の基本方針として、公立カレッジ(単科コースが多数集まった専門資格取得学校と大学1,2年コースがある)が国の政策として整備されました。現在でも英国政府は公立カレッジの予算を、教育内容の高度化に向けて重点配分しています。
特に1年、2年単位 で通う若年者には手厚い学資援助があります。ですから、学費も1万円から10万円程度が多いのです。日本では7万円から70万円の学費の内容です。
更に市民はここでそれぞれの専門職種の資格(National Vocational Qualify)を手にします。
結果として、社会全体は競争力のある労働力を得られることになります。
さらに、公立カレッジには、高卒後すぐにUNIVERSITY(大学)へ進学しなかった若者のために、大学1年、2年の学力レベルのHNCとHNDコースも有ります。このコースを修了すると大学の2年、3年への進学も可能です。付属高校もあります。
また、日本からの留学生のために、付属のオンキャンパス英語スクール(EFL)や、ファンデーションコース(Accessコース)も有ります。
日本からの留学生は、EFLと並行して専門資格取得コースや、カルチャーコースを低予算での受講も可能です。

私どもの趣旨に賛同いただける、学校・英語スクール・NPO・エージェント
の皆様のご連絡をお待ちしています。E-mailは こちら へ
HOMEへ戻る UP
さまざまな留学コース
留学生の生活
知っておくと便利!
イギリス公立カレッジ連盟 日本事務局(株)ADF 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘27-1 エグゼクティブ渋谷 305号室
TEL:03-5428-0307 FAX:03-3462-6500
Copyright (C) イギリス留学・英国留学のイギリス公立カレッジ連盟 All rights reserved.
Copyright (C) 2011 ADF Inc. All Rights Reserved.